溪山春色 けいざんしゅんしょく

その他の画像全6枚中6枚表示

絵画 

松林桂月筆
昭和10年(1935)
絹本着色
各177.3×66.1
6曲1双

 桂月は、野口幽谷(のぐちゆうこく)に師事するほかはほとんど独力で研鑽を積み、江戸時代に独特な発達をとげた日本南画の近代化に尽くした。繊細でふるえるような墨線の独特な画風が桂月作品の特色であるが、この作品では、金箔を裏地に施し、濃厚な色彩で春の渓山を描く。 (2006/02/07 or 2008/01/22_h18)

作品所在地の地図

関連リンク

溪山春色チェックした作品をもとに関連する作品を探す

玉蘭に雀
玉蘭に雀

松林桂月筆

長門峡
長門峡

松林桂月筆

南画 猗廬索句図
梅と蓮
梅と蓮

大智勝観筆

春雨
春雨

下村観山筆

ページトップへ