両界曼荼羅図 りょうかいまんだらず

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 

鎌倉時代・14世紀
絹本着色
81.0x65.9
2幅

曼荼羅図は、多数の仏像群によって密教(みっきょう)の世界観を表したもの。真言密教の根本経典である『金剛頂経(こんごうちょうぎょう)』に基づく金剛界曼荼羅と、同じく『大日経(だいにちきょう)』に基づく胎蔵(界) 曼荼羅の二つを一具として両界曼荼羅と呼ぶ。修法(しゅうほう)を行う空間の東西に向き合うように安置される。(20130918_h031)

作品所在地の地図

関連リンク

両界曼荼羅図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木版両界曼荼羅図
両界曼陀羅 双幅
金剛界八十一尊曼荼羅
胎蔵界外金剛部図像
金剛界成身会曼荼羅
ページトップへ