周茂叔愛蓮図 しゅうもしゅくあいれんず

絵画 

狩野正信筆
室町時代 15世紀
紙本墨画淡彩
縦84.7 横33.2
1幅
国宝

足利義政の御用絵師であり狩野派の初代として知られる狩野正信(1434〜1530)が描いた、室町時代の水墨画を代表する優品。水面にただよう船には、蓮をこよなく愛した中国・北宋時代の儒学者・周茂叔(1017〜73)とその従者が描かれる。中国文化に深く傾倒していた当時の知識人は、こうした中国の故事に基づく絵画を多数制作させ鑑賞したが、本図はその典型的な作例と言える。

作品所在地の地図

関連リンク

周茂叔愛蓮図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本墨画淡彩四季山水図〈/六曲屏風〉
山水図
山水図

狩野正信筆

周茂叔愛蓮図    
周茂叔愛蓮図    

伝小栗宗湛

周茂叔愛蓮図
周茂叔愛蓮図

曾我蕭白

紙本墨画淡彩周茂叔愛蓮図〈狩野正信筆/〉
ページトップへ