褐釉内海茶入 かつゆうないかいちゃいれ

その他の画像全3枚中3枚表示

陶磁 

瀬戸
室町時代・16世紀
高5.4 口径4.0 底径4.2
1口

球体を天地から押さえつけたような形で、このように小さなものを内海茶入という。祖母懐土を見事な轆轤で成形し、姿の美しさでは唐物茶入と互角と言える。全体に金気の強い赭褐色の釉はやや光沢があり品位を高めている。室町末期16世紀の作と推測される。(ルビ:ないかい、そぼかい、ろくろ)

作品所在地の地図

関連リンク

褐釉内海茶入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

褐釉茶入 銘 木間
丸壺茶入(相坂)〈瀬戸/〉
瀬戸丸壷茶入 銘相坂
唐物肩衝茶入(北野)
文琳茶入  銘 白玉 
ページトップへ