色絵龍鳳凰文獅子鈕大香炉 いろえりゅうほうおうもんししつまみだいこうろ

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

松本佐平作
明治25年(1892)
1合

松本佐平は再興九谷窯のひとつ蓮台寺窯の松屋菊三郎の子で、青手古九谷、赤絵の技を父に学んだ。技術導入に努め、神戸に支店を開くなど海外貿易にも積極的であった。シカゴ・コロンブス世界博覧会の出品の本作は得意とした古九谷・五彩手の色絵で全体を飾っている。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵龍鳳凰文獅子鈕大香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵紫陽花図大瓶
色絵楼閣山水文孔雀鈕大香炉
色絵金襴手楼閣山水文大瓶
色絵玉取獅子文深鉢
色絵玉取獅子文深鉢

九谷・吉田屋

色絵金襴手龍虎図大瓶
ページトップへ