色絵桜楓文木瓜形鉢 「道八」印 いろえおうふうもんもっこうがたはち どうはち いん

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

仁阿弥道八作
江戸時代・19世紀
高8.8 口径16.5 底径7.9
1口
銘文:「道八」印

日本の春と秋を彩る桜と紅葉。この二つをひとつの意匠にまとめあげた雲錦手の鉢。伝統の京焼の技を得意とした道八らしく、この鉢も乾山焼に本歌があり、更に濃艶さを増し、作りも木瓜形に変えるなど、工夫を加え、あでやかな幕末京焼の魅力を表現している。(20090803_h081で使用) ルビ:うんきんで

作品所在地の地図

関連リンク

色絵桜楓文木瓜形鉢 「道八」印チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵桜紅葉文大鉢(雲錦手)
色絵桜樹図透鉢
色絵桜樹図透鉢

仁阿弥道八作、「道八」銹絵銘

銹絵雪笹文大鉢
銹絵雪笹文大鉢

仁阿弥道八作

銹絵雪笹文手鉢 仁阿弥道八作
色絵紫陽花文鉢
ページトップへ