花鳥

絵画 

河鍋暁斎筆
明治14年(1881)
絹本着色
102.4×71.2
1幅

濃密でしかも細部まで緻密に描写された色とりどりの花や草木を背景に、雉に巻きついた蛇が、樹上の鷹とにらみ合い不気味な雰囲気が漂う。暁斎画の特色ともいえるあたかも時間が凍りついたような空間である。明治14年の第2回内国勧業博覧会に出品された。 (2004/10/13_H14)

作品所在地の地図

関連リンク

花鳥チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東京名所之内明治十年上野公園地内国勧業博覧会開場之図
第二回上野内国勧業博覧会ノ図
内国勧業博覧会機械館の図
第二回勧業博覧会図
第二回勧業博覧会図

歌川国松画

美音
美音

島崎柳塢筆

ページトップへ