武蔵野図屏風 むさしのずびょうぶ

その他の画像全6枚中6枚表示

絵画 

筆者不詳
江戸時代・17世紀
紙本金地着色
各154.5×360.6
6曲1双

 『続古今集』の「武蔵野は月の入るべき嶺もなし 尾花が末にかかる白雲」やこれを本歌とする「武蔵野は月の入るべき山もなし 草より出でて草にこそ入れ」の歌意を視覚化した武蔵野図屏風が近世に流行し、本来の歌意を逸脱した本図のような作品も生まれた。(20050830_h22)(120904_h07)

作品所在地の地図

関連リンク

武蔵野図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

武蔵野図屏風(田家秋景)
色絵桧扇図皿
色絵桧扇図皿

ゴットフリート・ワグネル(吾妻焼)

武蔵野図屏風
武蔵野図屏風

作者不詳

厳島遊楽図屏風
厳島遊楽図屏風

筆者不詳

柳橋水車図屏風
柳橋水車図屏風

筆者不詳

ページトップへ