葡萄蒔絵棚 ぶどうまきえたな

漆工 

江戸時代・17世紀
1基

 正面に観音開の扉を二組並べ、下段に引出をもうけた珍しい形式の大型棚。扉の上半を網目透とし、内部に棚板を一枚つけている。外側には金・銀の平蒔絵(ひらまきえ)に絵梨子地(えなしじ)を交え、野葡萄を表わす。葡萄の蔓や葉、実をのびのびと描いて、賑やかに飾っている。

作品所在地の地図

関連リンク

葡萄蒔絵棚チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉野山蒔絵棚
野葡萄蒔絵棚
葡萄栗鼠蒔絵食籠
芒葛蒔絵湯桶
葡萄棚図屏風
葡萄棚図屏風

狩野派

ページトップへ