吉野山蒔絵棚 よしのやままきえたな

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 

江戸時代・19世紀
木製漆塗
幅88.4 奥行39.4 高81.6
1基

 違棚を含めて五段の棚をもうけた大型の飾り棚。二の棚・五の棚に引き戸、四の棚に観音開きの扉を付ける。表面には金粉を密に蒔き付け、高蒔絵を主体にして吉野山の図を描く。金銀の金貝、金の切金を交えて、桜花爛漫の山水を豪華に表わしている。  (2005/03/15 or 2008/01/16_h081)   

作品所在地の地図

関連リンク

吉野山蒔絵棚チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉野山蒔絵小箪笥
桜松蒔絵書棚
若松蒔絵文台硯箱
葡萄蒔絵棚
葵紋蒔絵香箪
ページトップへ