烏鷺蒔絵菓子器 うろまきえかしき

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 

柴田是真作
明治時代・19世紀
1合

 柴田是真(1807~91)は江戸両国に生まれ、11才で印籠蒔絵師古満寛哉のもとに入門した。明治6年(1873)ウィーン万国博覧会に蒔絵額を出品して進歩賞牌を受賞したのを始め、内外の博覧会で活躍している。晩年には帝室技芸員に任ぜられた名工である。   (2007/07/27_h19)

作品所在地の地図

関連リンク

烏鷺蒔絵菓子器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

漆絵画帖
漆絵画帖

柴田是真筆

四季花鳥
四季花鳥

柴田是真筆

藤牡丹蒔絵手箱
藤牡丹蒔絵手箱

川之辺一朝作

瀑布
瀑布

柴田是真筆

雪中の鷲
雪中の鷲

柴田是真筆

ページトップへ