坂本龍馬関係書状 修業中心得大意(父八平直足訓誡書) サカモトリョウマカンケイショジョウ シュギョウチュウココロエタイイ(チチヤヘイタダタリクンカイショ)

坂本直足
制作地:日本
江戸
紙本墨書
縦 30.5 cm 横 46.5 cm
1通
重文

末子の龍馬が江戸の千葉道場へ出立する際に父八平より龍馬に渡された修行中の心得書きである。嘉永六年(1853)の三月吉日付けの文書。このとき龍馬は19歳、老父の心得書きを大切に保管しつづけ今に残る。龍馬は江戸で北辰一刀流を学ぶとともに交友関係を広げる。またペリーの浦賀来航を体験した。のちの歴史上の活躍の基礎は江戸でつくられたといわれる。

作品所在地の地図

関連リンク

坂本龍馬関係書状 修業中心得大意(父八平直足訓誡書)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

坂本龍馬関係資料
坂本龍馬関係書状 慶応三年四月初旬 坂本乙女あて
坂本龍馬関係書状 文久三年三月二十日 坂本乙女あて
坂本龍馬関係書状 慶応元年九月九日 坂本乙女、おやべあて
坂本龍馬関係書状 慶応三年六月二十四日 乙女、おやべあて
ページトップへ