紺紙金字無量義経(平基親願経) こんしきんじむりょうぎきょう たいらのもとちかがんきょう

その他の画像全2枚中2枚表示

平安時代・治承2年(1178)
紺紙金字
1巻

見返しに極彩色で童舞(わらわまい)の十種供養伝供(じっしゅくようでんく)の図を描いている。紺紙の本紙には金界線を引き、金字で無量義経が書かれている。開結(かいけち)経2巻を備えた法華経10巻のうちの開経にあたる。本巻は、治承2年(1178)に平基親(たいらのもとちか)が願主となって作成した法華経の一部である。(20050208_h031)

作品所在地の地図

関連リンク

紺紙金字無量義経(平基親願経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺紙金字  無量義経  断簡  (厳島切)
無量義経・観普賢経
紺紙金字大方等頂王経(神護寺経)
無量義経(裝飾経)
華厳経 巻第七十
ページトップへ