和歌三神像 わかさんじんぞう

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画 

土佐光芳筆
江戸時代・18世紀
絹本着色
91.0×38.2
3幅

和歌三神とは和歌の神と称された三神のこと。一般には住吉神、玉津島神、柿本人麻呂を指すが、本図では玉津島(たまつしま)神、柿本人麻呂、山部赤人(やまべのあかひと)から成る和歌三聖像とも呼ばれる構成で、各像の背景にそれぞれの代表歌の情景を描く。土佐光芳は江戸中期の宮廷画家。(20161018_h21特集歌仙絵)

作品所在地の地図

関連リンク

和歌三神像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釈教三十六歌仙絵
木筆本三十六歌仙絵(模本)
業平歌意図
業平歌意図

土佐光起筆

三夕図
三夕図

土佐光成筆

洛中洛外図巻
洛中洛外図巻

住吉具慶筆

ページトップへ