漢武帝・西王母・長伯房図 かんぶてい せいおうぼ ちょうはくぼうず

絵画 

狩野探幽筆
江戸時代・寛文11年(1671)
絹本着色
各115.2×52.8
3幅

 優美な探幽の画風をしめす佳品。中幅の皇帝は、前漢第七代皇帝で漢帝国の黄金期を築いた武帝。向かって右幅の女性は、桃七つを武帝に捧げて酒宴したという伝説のある西王母。左幅、鶴を抱いた童子を従えた男性については不明。箱書きに従い「長伯房」とした。(161101_t082)

作品所在地の地図

関連リンク

漢武帝・西王母・長伯房図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

飛鶴図
飛鶴図

狩野探幽

尾長鳥図
尾長鳥図

狩野探幽筆

達磨・布袋・朝陽図
達磨・布袋・朝陽図

狩野探幽/清厳宗渭

王昭君図
王昭君図

久隅守景筆

西王母・東方朔図
西王母・東方朔図

伝狩野元信筆

ページトップへ