能面 長霊癋見 のうめん ちょうれいべしみ

その他の画像全3枚中3枚表示

彫刻 

「天下一近江」焼印
江戸時代・17世紀
木造、彩色
20.9×16.4
1面
重要文化財

長霊癋見は、「熊坂」「烏帽子(えぼし)折(おり)」などに用いる。牛若丸一行を襲って逆に討たれる盗賊熊坂長(ちょう)範(はん)が着ける面である。鍍金した銅板を貼った目の瞳が上目使いに表わされる。観(かん)世(ぜ)、宝(ほう)生(しょう)の熊坂、金剛家伝来の長霊癋見は金春本面に比べてもう少し自然な顔であるが、金春型の写しが世に流布した。 (20141105_h14)(20170131_h21・22特集金春)

作品所在地の地図

関連リンク

能面 長霊癋見チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 長霊癋見
能面 長霊癋見

「キヒノケンせイ」陰刻

能面 熊坂
能面 小面
能面 小面

「天下一河内」焼印

能面 邯鄲男
能面 邯鄲男

「天下一是閑」焼印

御所人形 熊坂長範と牛若丸
ページトップへ