黄釉銹絵梅樹図大瓶 おうゆうさびえばいじゅずたいへい

その他の画像全3枚中3枚表示

陶磁 

初代宮川香山作
明治25年(1892)
高52.1 口径14.5 胴径25.8
1口
銘文:「大日本香山製」染付銘
重要文化財

明治初期から内外の博覧会で活躍した宮川香山は、明治20年代には金彩華やかな色絵と浮彫によるものから、気品漂うものへと作風を変えていく。この作品は香山の後期の代表作で、明治26年(1893)シカゴ・コロンブス世界博覧会の出品作。清朝陶磁に学んだ釉技で、格調高い世界を作り上げている。 みやがわこうざん

作品所在地の地図

関連リンク

黄釉銹絵梅樹図大瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄釉銹絵梅樹文大瓶〈宮川香山作/〉
青磁牡丹唐草文双耳瓶
青磁牡丹唐草文双耳瓶

初代宮川香山作

染付花鳥図大瓶
染付花鳥図大瓶

加藤五輔作

褐釉蟹貼付台付鉢〈宮川香山作/〉
褐釉蟹貼付台付鉢
褐釉蟹貼付台付鉢

初代宮川香山作

ページトップへ