魔障 ましょう

絵画 

下村観山筆
明治43年(1910)
紙本墨画
63.6×172.7
1幅

 魔障とは、仏道の修行をさまたげるものを意味する。釈迦如来の前の僧に去来するさまざまな煩悩を「鳥獣戯画」を参考にしつつ、十二支の動物になぞらえている。ここでは、墨の線のみで描いた白描画を試みている。第4回文部省美術展覧に出品された。       (2006/03/21_h18)

作品所在地の地図

関連リンク

魔障チェックした作品をもとに関連する作品を探す

長門峡
長門峡

松林桂月筆

鳥獣人物戯画断簡
博物館列品図録 動物部 第一
博物館列品図録 動物部 第一

田中芳男撰、最上幸吉筆

鳥獣人物戯画断簡(甲巻)
木の間の秋
木の間の秋

下村観山

ページトップへ