八橋蒔絵螺鈿硯箱 やつはしまきえらでんすずりばこ

その他の画像全4枚中4枚表示

漆工 

尾形光琳作
江戸時代・18世紀
1合
国宝

 有名な『伊勢物語』第九段、三河国八橋の情景を描いた硯箱。大胆な構図に、圧倒的なデザイン力が示されている。作者の尾形光琳(おがたこうりん)は、八橋を主題にした屏風絵の名品をいくつか残しており、このテーマは自家薬籠中(じかやくろうちゅう)のものであったと考えられる。          (2006/06/20_h132)

作品所在地の地図

関連リンク

八橋蒔絵螺鈿硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八橋蒔絵螺鈿硯箱〈尾形光琳作/〉
紙本著色八橋図〈尾形乾山筆/〉
銹絵観鴎図角皿〈尾形乾山作/尾形光琳画〉
群鶴蒔絵硯箱
白綾地秋草模様描絵小袖(冬木小袖)〈尾形光琳筆/〉
ページトップへ