北野天神縁起絵巻 きたのてんじんえんぎえまき

絵画 

南北朝時代 14世紀
紙本著色
縦31.5 長977.7
1巻

菅原道真(すがわらのみちざね)を祀る天神信仰を代表する作品。本巻には、道真が藤原時平(ふじわらのときひら)のざん言に遭う場面から、邸宅の紅梅との別れを惜しむ姿、九州に下る海陸の旅路、太宰府で涙する姿、そして天拝山に登って無実を訴える場面までの、もっとも劇的なシーンが連なってる。しかしながら、登場人物のあどけない表情によって、悲劇的な内容に関わらず、観る人をなごませる絵巻である。

作品所在地の地図

関連リンク

北野天神縁起絵巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北野天神縁起絵巻(甲巻)
北野天神縁起絵巻断簡
北野天神縁起絵巻
束帯天神像
束帯天神像

伝藤原信実

北野天神縁起絵巻(乙巻)
ページトップへ