奈良三彩壺 ならさんさいつぼ

陶磁 

出土地:伝滋賀県
奈良時代 8世紀
陶器
高13.7 胴径21.3 高台径13.5
1口
重要文化財

素焼きの壺の表面に白土を化粧塗りしたのち、2種類の釉(うわぐすり)をかけて焼くことで、緑や黄色がまだらに発色した作品。こうした配色や技法は、中国の唐に技術を学んで、奈良時代の日本で行われたもので、奈良三彩と呼ばれる。強く張った肩、小さな口縁と底は、須恵器(すえき)いらいの流れをくむ薬壺(やっこ)形。完形のものは少なく貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

奈良三彩壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白釉有蓋壺
白釉有蓋壺
唐三彩万年壺
須恵器 多嘴壺
三彩壺/伝岡山県出土
ページトップへ