刺身

絵画 

喜多川歌麿筆
江戸時代・18世紀
大判 錦絵
1枚

江戸っ子は、鰹を好んだ。特に歌麿が活躍した頃には、人々は競って青葉が美しくなる時期の初鰹を求め、刺身にからしや大根おろしを合わせて食べた。この図の大皿に盛られている刺身は鰹だろう。魚の背の皮は、雲母が用いられて光っている。(20070508_h102)

作品所在地の地図

関連リンク

刺身チェックした作品をもとに関連する作品を探す

版画婦人相学十躰浮気之相図〈喜多川歌麿筆/錦絵竪大判〉
娘日時計・午ノ刻
娘日時計・午ノ刻

喜多川歌麿筆

婦人相學十躰・浮気の相 
風流花之香遊・高輪の季夏
娘日時計・巳ノ刻
娘日時計・巳ノ刻

喜多川歌麿筆

ページトップへ