孫思邈図 そんしばくず

絵画 

狩野探幽筆
江戸時代・寛文6年(1666)
絹本墨画淡彩
162.1×96.0
1幅

 中国唐時代の名医として誉れ高い思邈を太く抑揚のある線で描き、虎は輪郭線を省いた没骨法(もっこつほう)で描き分ける。虚空を仰ぎ見る視線にそって、余白に斜線を入れて動きを出す。探幽は、徳川将軍家の御用絵師として、狩野派一門の繁栄を築いた。その晩年65歳の大作。(150804_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

孫思邈図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

狩野探幽像
狩野探幽像

伝桃田柳栄

探幽ほか写し
果実図
果実図

狩野探幽筆

達磨・布袋・朝陽図
達磨・布袋・朝陽図

狩野探幽/清厳宗渭

尾長鳥図
尾長鳥図

狩野探幽筆

ページトップへ