菩薩立像

飛鳥時代・7世紀
銅造、鍍金
像高29.7
1躯
重要文化財

頭に比べて短い体、可愛らしい顔が童子のような姿は、7世紀後半の像の特色である。衣の襞(ひだ)の稜線を境に2個1組の小さな点が並ぶのは複連点文(ふくれんてんもん)と呼ばれる装飾技法で、この時期に多い。蓮台は中空(ちゅうくう)(下方は木製、後補)だが、本体はムクである。光背は後頭部に挿していた。(20120102_h012)

作品所在地の地図

関連リンク

菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

観音菩薩立像
観音菩薩立像
観音菩薩立像
薬師如来立像
菩薩立像
ページトップへ