百万塔陀羅尼 ひゃくまんとうだらに

奈良時代・8世紀
紙本墨摺
1枚

 奈良時代、称徳天皇の発願で製作された百万基の木製小塔の中に納入された『陀羅尼経』。原版は少なくとも2種類以上の経典からなり、黄蘗(きはだ)染めの楮紙(ちょし)、あるいは雁皮(がんぴ)との混合紙に複数の経典を摺り、のちに上下を裁断したと考えられている。印刷方法には銅版説、木版説などがある。(20070522_h012)(20131029_h012)

作品所在地の地図

関連リンク

百万塔陀羅尼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

百万塔 附無垢浄光経陀羅尼
百万塔 附無垢浄光経陀羅尼
百万塔
百万塔
木造百万小塔・陀羅尼
ページトップへ