猫のすゞみ ねこのすずみ

絵画 

歌川国芳筆
江戸時代・19世紀
団扇絵判 錦絵
縦21.5 横28.9
1枚

舟を迎える芸者猫の着物には好物のあわびやうなぎ、船頭猫にはこれも好物の蛸が染められ、腰に「又たび」の文字の手拭い、客の猫では、猫に小判。さらに、タイトル「猫のすゞみ」は鰹節で囲まれる。猫好きの国芳が両国橋を背景に描いたユーモアあふれる団扇の絵。(150707_h102)

作品所在地の地図

関連リンク

猫のすゞみチェックした作品をもとに関連する作品を探す

猫図
猫図

月僊

江戸名所雪月花の内・隅田川堤雪の眺望
金魚づくし・玉や玉や
寿老・牡丹に猫・芙蓉に猫図
夕日と猫Ⅱ
夕日と猫Ⅱ

清宮質文

ページトップへ