申文 もうしぶみ

藤原定家筆
鎌倉時代・13世紀
紙本墨書
123.0×108.4
1幅
重要文化財

藤原定家が、左近衛少将から左近衛中将に転任することを願って提出した申文。同僚との比較、転任を希望する理由などを記す。その結果、建仁2年(1202)10月に長年の宿願を果たした。本文書は九条家伝来で、昇進には、九条良経【よしつね】(1169~1206)が関与した可能性が高い。(160913_平企:和紙の魅力) 料紙の表面はやや繭肌【まゆはだ】で、顕微鏡では繊維の方向性は無く、切断した藍着色繊維がみえる。簀目は確認できない。簀のある面に文字を書いており、溜め漉きとみられる。定家が九条良経に宛てたと推定され、当時の公家社会で広く使用された檀紙の一種と考えられる。(160913_平企:和紙の魅力)

作品所在地の地図

関連リンク

申文チェックした作品をもとに関連する作品を探す

願文
願文

慈円筆

藤原定家自筆申文草案
紙本墨書藤原定家自筆申文(転任所望之事)
藍紙華厳経巻第五十(泉福寺経)
傘紙
ページトップへ