四季山水図屏風 しきさんすいずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 

楊月筆
室町時代・15世紀
紙本墨画淡彩
6曲1双
重要文化財

この作品のように室町時代の水墨山水画の屏風では、ふつう右から左に春夏秋冬の順序で景が配置される。また山市晴嵐(さんしせいらん)、漁村夕照(ぎょそんせきしょう)、烟寺晩鐘(えんじばんしょう)、洞庭秋月(どうていしゅうげつ)、遠浦帰帆(えんぽきはん)、平沙落雁(へいさらくがん)など、中国・北宋時代に始まる瀟湘八景図(しょうしょうはっけいず)の主要モチーフが描き込まれていることが多い。(20051227_h033)(130508_h033)

作品所在地の地図

関連リンク

四季山水図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瀟湘八景
瀟湘八景

橋本雅邦筆

秋冬山水図屏風
秋冬山水図屏風

伝周文筆

瀟湘八景図屏風
瀟湘八景図屏風

狩野尚信筆

遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

玉澗筆

遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

伝牧谿

ページトップへ