玉蘭に雀 ぎょくらん すずめ

絵画 

松林桂月筆
大正時代・20世紀
紙本墨画淡彩
132.3×33.5
1幅

(旧題箋)  松林桂月は山口県萩(はぎ)に生まれ、明治6年上京、野口幽谷(のぐちゆうこく)に入門し南画(なんが)を学ぶ。日本南宗画会(にほんなんしゅうがかい)や日本南画院(にほんなんがいん)を設立し、帝展審査員・帝国芸術院会員・日本美術協会理事長をつとめた。本図には桂月独特の繊細(せんさい)でふるえるような線で、白木蓮(はくもくれん)と雀が描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

玉蘭に雀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南画 猗廬索句図
溪山春色
溪山春色

松林桂月筆

長門峡
長門峡

松林桂月筆

廓然無聖
廓然無聖

中村不折

絹本著色瀟湘八景図〈横山大観筆/〉
ページトップへ