美人と鶏 びじん にわとり

絵画 

奥村政信筆
江戸時代・18世紀
大判 紅摺絵
1枚

「汗(あせ)になる 鳥に悋気(りんき)の夫婦徒(ふうふつれ)」と川柳を記す政信は、浮世絵師で、版元も兼ね、俳諧もよくした。風呂上りの女が、せっかく汗を流してきたのに、つがいの鶏をみて妬(や)けてしまい、また汗がでるという場面を、紅と緑を主調にした紅摺絵(べにずりえ)という技法で描く。

作品所在地の地図

関連リンク

美人と鶏チェックした作品をもとに関連する作品を探す

恵比寿と美人
恵比寿と美人

奥村政信筆

遊色三福つい
遊色三福つい

奥村政信筆

初代中村喜代三の嶋野おかん
二代目あづま藤蔵と初代佐野川市松
初代中村喜代三のけいせい菅原と二代目大谷広次の源蔵
ページトップへ