紅葉舞 もみじまい

絵画 

鈴木春信筆
江戸時代・18世紀
中判 錦絵
1枚

紅葉の舞い散る中、両手に傘を持って軽やかに踊る美人。その可憐な姿は、無款ではあるが鈴木春信の作であることを示している。少女の踊りのように見えるが、明和2年(1765)頃にこの踊が流行したようで、歌舞伎の女形役者の舞踏場面を描いたものとする説がある。(20141028_h102)

作品所在地の地図

関連リンク

紅葉舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

見立恵比寿
見立恵比寿

鈴木春信筆

舫い舟美人
舫い舟美人

鈴木春信筆

舟中蓮とる二美人
舟中蓮とる二美人

鈴木春信筆

高野の玉川
高野の玉川

鈴木春信

木馬遊びの子供と傘さし美人
ページトップへ