その他の画像全2枚中2枚表示

来国光
鎌倉時代・14世紀
1口
重要文化財

来国光は来国俊に続く来派の刀工で鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて作品を残しており、作風は直刃(すぐは)からのたれや互の目までがあり多彩である。これは本阿弥光温(ほんあみこうおん)が来国光の作と極めたもので、板目がつんで冴えた地鉄(じがね)に小足(こあし)の交じった直刃を焼いている。(20090615_h133)

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀 額銘来国光切付銘埋忠磨上之
刀 額銘来国光切付銘埋忠磨上之

来国光(埋忠磨上)

太刀 
太刀 

来国光

刀 無銘(来国光)
太刀〈銘来国光嘉暦二年二月日/〉
太刀〈銘来国光/〉
ページトップへ