婦人相學十躰・浮気の相  ふじんそうがくじってい うわき そう

絵画 

喜多川歌麿筆
江戸時代・18世紀
大判 錦絵
1枚
重要文化財

歌麿の大首絵の連作で、錦絵によるものとしては最初期のもの。この連作で歌麿は一躍人気絵師となった。手拭を絞るという何気ない仕草を、自ら「相見(そうみ) 歌麿」と称し、「相学」というお堅い学問を洒落て、浮気しそうな可愛らしい女性像として生き生きと描いている。(20111219_h102)(20160830_h102)

作品所在地の地図

関連リンク

婦人相學十躰・浮気の相 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

婦人相學十躰・浮気之相
版画婦人相学十躰浮気之相図〈喜多川歌麿筆/錦絵竪大判〉
実競色乃美名家見・玄宗皇帝楊貴妃
婦人相学拾躰かはゆらしき相
娘日時計・巳ノ刻
娘日時計・巳ノ刻

喜多川歌麿筆

ページトップへ