書状 しょじょう

藤原忠通筆
平安時代・12世紀
紙本墨書
1幅

藤原忠通は平安時代の貴族で、摂政・関白もつとめた人物。書に秀でていて、和様の書風に粘り強さを与えた彼の書は、法性寺流として鎌倉時代にかけて流行した。本書状では、相手の病気の心配をし、孔雀経の御修法を勧めている。ルビ:せっしょう、わよう、ほっしょうじりゅう、くじゃくきょう、みすほう

作品所在地の地図

関連リンク

書状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

書状
書状

藤原忠通筆

願文
願文

慈円筆

葦手下絵消息往来
葦手下絵消息往来

伝藤原忠通筆

藤原忠通書状案
藤原忠通書状案

藤原忠通

藤原忠通筆書状案
ページトップへ