太刀 たち

その他の画像全2枚中2枚表示

長船兼光(名物 福島兼光)
南北朝時代・14世紀
1口
銘文:銘 備州長船住兼光 観応□年八月日
重要文化財

兼光は景光の子と伝え、備前長船(おさふね)派の棟梁として14世紀前半に活躍した。この太刀は福島正則が広島の本覚寺から手にいれたため、「福島兼光」と呼ばれ、その後加賀前田家に伝来した。南北朝らしい大振りで豪壮な姿で、刃文(はもん)は小互の目(こぐのめ)に小丁子(こちょうじ)を交えている。(20081222_h133旧119字をもとに作りなおし)

作品所在地の地図

関連リンク

太刀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘備州長船住兼光(名物福島兼光)/観応□年八月日〉
太刀〈銘備州長船住兼光/暦応二年正月日〉
太刀 銘 備前国長船兼光/建武三年丙子十二月日(通称今村兼光)
太刀〈銘備州長船兼光/延文三年二月日〉
太刀〈銘備州長船住景光/元亨二年□月日〉
ページトップへ