肩衝茶入 銘 二王 かたつきちゃいれ めいにおう

陶磁 

備前
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1口

釉薬(ゆうやく)が掛からない備前(びぜん)焼の茶入は、侘びの茶風の流行とともに天正年間(1573~92)頃より多用されるようになった。平らな底から胴が真っ直ぐに立ち上がり、肩が短く横に衝(つ)いている筒形の器形は、唐物の肩衝(かたつき)とは異なり、慶長年間(1596~1615)に新たに登場した。

作品所在地の地図

関連リンク

肩衝茶入 銘 二王チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐物肩衝茶入(北野)
唐物肩衝茶入〈銘松屋/〉
唐物肩衝茶入 銘 松山
肩衝茶入 銘松屋 
備前三耳壺
ページトップへ