一重口水指 銘 柴庵 ひとえぐちみずさし しばのいおり

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

信楽
安土桃山時代・16世紀
高14.7 口径17.3 底径15.5
1口
重要文化財

信楽(しがらき)水指の代表作で、千利休(せんのりきゅう)の所持と考えられている作品。長石粒(ちょうせきつぶ)を多く含む信楽独特の粘土で、単純な姿ながら荘重な趣がそなわり、これに黒褐(こっかつ)色の流れと大きなヒビ割れが強い個性美を加えている。底の中央に江岑宗左(こうしんそうざ)が「柴庵(花押)」と黒漆で書きつけている。(今井敦2008-03-17作成)(20091110_h04)(130226_h04)(131112_04)

作品所在地の地図

関連リンク

一重口水指 銘 柴庵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一重口水指(柴庵)〈信楽/〉
耳付水指 銘 龍田川
一重口水指
檜垣文壺〈信楽/〉
自然釉刻文大壺
ページトップへ