観音菩薩立像

出土地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土
飛鳥時代・7世紀
銅造、鍍金
1躯

那智山経塚から出土した金銅仏(こんどうぶつ)群中の1躯。三面頭飾(さんめんとうしょく)の正面に化仏(けぶつ)を線刻するので観音菩薩像と知られる。右手で天衣(てんね)の途中を輪にして握る形式は比較的めずらしい。やや平板な作風で、両脚間にあらわす渦状の衣文(えもん)の形からすると8世紀にくだる可能性もある。

作品所在地の地図

関連リンク

観音菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

観音菩薩立像
観音菩薩立像
十一面観音菩薩立像
薬師如来立像
観音菩薩立像
ページトップへ