蔵王権現立像 ざおうごんげんりゅうぞう

彫刻 

鎌倉時代・12~13世紀
銅造
高28.5
1躯

蔵王権現+ざおうごんげん+は、右手を高く掲げて金剛杵+こんごうしょ+と呼ばれる武器を持ち、右脚を蹴りあげながら岩座に立つ躍動的な姿勢が特徴。険しい山中で修行する山岳修験+さんがくしゅげん+において信仰され、奈良県吉野山の周辺に作品が多い。細身だが胸部などに抑揚があり、鎌倉時代初め頃の制作か。

作品所在地の地図

関連リンク

蔵王権現立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蔵王権現立像
蔵王権現立像
蔵王権現懸仏残欠
蔵王権現立像
金剛童子立像
ページトップへ