銅志貴形水瓶 どうしぎがたすいびょう

室町時代・15世紀
1合

 頸部(けいぶ)が鼓を立てたような形を呈し、胴部はふっくらとした円筒形で、底に低い高台を設けた水瓶。長い注ぎ口と把手を有し、蓋には獅子形の鈕(ちゅう)を据えている。信貴形の呼称は、信貴山(奈良県)に伝来した水瓶にこの形式のものがあったことに由来する。  (2004/09/01_h031)

作品所在地の地図

関連リンク

銅志貴形水瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅王子形水瓶
布薩形水瓶
響銅王子形水瓶及び承盤
銅仙盞形水瓶
仙盞形水瓶
ページトップへ