肩衣 黒麻地波兎牡丹唐草州浜笹模様 かたぎぬ くろあさじなみうさぎぼたんからくさすはまささもよう

江戸時代・19世紀
丈75.2 裄35.2
1領

狂言肩衣は大胆な染め模様。名物裂(めいぶつぎれ)でおなじみの造土文を波で象(かたど)りその中に兎文を配する。波のはねる様子を白兎に喩えたいわゆる「波に兎」文であるが、江戸時代の諸工芸に特徴的なずんぐり型の兎が滑稽である。牡丹唐草の造土文と笹文が吉祥性を添える。(20110102 h22 正月展)

作品所在地の地図

関連リンク

肩衣 黒麻地波兎牡丹唐草州浜笹模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

肩衣 浅葱麻地山形州浜笹模様
肩衣 藍麻地鳥居杉木立模様
波兎蒔絵旅櫛笥
裲襠 紅地牡丹唐草模様金襴
肩衣 茶麻地松皮菱唐花散模様
ページトップへ