光背及び蓮台

その他の画像全6枚中6枚表示

出土地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土
平安時代・12世紀
1組

熊野那智大社飛滝権現の参道周辺から出土した、那智山出土仏教遺物の名で知られる遺物群の一つである。和歌山県青岸渡寺所蔵の大日如来坐像に付属する金銅製の蓮台および火焔付き二重円相光背である。光背には珠子、宝相華唐草文を毛彫する。ルビ:ひろうごんげん、せいがんとじ

作品所在地の地図

関連リンク

光背及び蓮台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅大日如来
観音菩薩立像
観音菩薩立像
法波羅蜜菩薩
羯磨波羅蜜菩薩
ページトップへ