三彩蓮弁文瓶 さんさいれんべんもんへい

陶磁 

制作地:中国
唐~五代・9~10世紀
陶製
高24.5 口径10.2 底径11.2
1口

盛唐期に製作されたいわゆる唐三彩とは異なり、晩唐もしくは五代時代に作られた三彩です。器形のほか、胎土が比較的堅い点や、釉薬が勢いよく流し掛けられている点に違いがみられます。鋭い浮き彫り風の蓮弁文は、晩唐~五代にかけて流行した意匠です。

作品所在地の地図

関連リンク

三彩蓮弁文瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白釉有蓋壺
白釉有蓋壺
唐三彩貼花獅子文鍑
青磁蓮弁文六耳壺
三彩梅花文壺
ページトップへ