緑釉手付瓶 りょくゆうてつきへい

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

猿投
平安時代・10世紀
陶製
1口

中国越窯(えつよう)の青磁水注を、低火度(ていかど)の緑釉で写した作例である。越州窯青磁の水注では肩に注口がつくが、緑釉陶に写される過程で失われ、巧みな轆轤(ろくろ)成形で、洗練した優美な形に仕上がる。萌黄(もえぎ)色に発色した釉薬が、平底を含めて全体にかけられている。(20110102_h133)

作品所在地の地図

関連リンク

緑釉手付瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

灰釉手付水注
青磁双耳小壺
灰釉水注 瀬戸
緑釉四足壺
青磁水注 越州窯
ページトップへ