褐釉白覆輪唐草文碗 かつゆうしろふくりんからくさもんわん

陶磁 

制作地:中国
北宋時代・11~12世紀
陶製
高5.7 口径13.4 底径4.0
1口

口縁は釉薬を削り、白化粧を施してから透明釉をかけて焼きあげたもので「白覆輪」と呼んでいます。見込みには印花(型押し)による宝相華唐草文が精緻にあらわされています。華北、現在の陝西省銅川を中心にひろがった耀州窯周辺でつくられた碗と考えられます。

作品所在地の地図

関連リンク

褐釉白覆輪唐草文碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁印花宝相華唐草文鉢
青磁唐草文水注
青磁唐草文水注

中国・耀州窯

白釉碗
青白磁刻花文平鉢
青磁鳳凰唐草文輪花鉢
青磁鳳凰唐草文輪花鉢

中国・耀州窯

ページトップへ