白磁瓜形水注 はくじうりがたすいちゅう

陶磁 

中国・景徳鎮窯 
北宋時代・11~12世紀
磁製
高28.3 口径6.0 底径6.2
1口

北宋の景徳鎮窯でつくられた白磁です。透き通った水色の釉薬がかかることから、青白磁、あるいは「影青」とも呼ばれます。薄づくりで端整な形、頸部や胴部に刻まれた圏線、蓋と身をつなぐために設けられた紐通しなどに、同時代の銀器の影響がみとめられます。

作品所在地の地図

関連リンク

白磁瓜形水注チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青白磁六稜形花瓶
青白磁唐花文合子
青白磁菊花形合子
青白磁瓜形水注
青白磁刻花文平鉢
ページトップへ