色絵紫陽花図大瓶 いろえあじさいずたいへい

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

綿野吉二
明治25年(1892)
1対

父の代より九谷焼の輸出を目指した綿野吉二は輸出業とともに九谷焼の生産も行った。明治26年(1893)シカゴ・コロンブス世界博覧会に出品の本作は博覧会事務局からの引継ぎ時に大香炉とともに「古九谷絵陶三ツ具足」とされたもののひとつ。全体を古九谷・青手の様式で濃彩の紫陽花と地文で埋め尽くす。大香炉と共通の頸部の装飾に新たな発想を見ることができる。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵紫陽花図大瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵楼閣山水文孔雀鈕大香炉
色絵龍鳳凰文獅子鈕大香炉
色絵金襴手楼閣山水文大瓶
色絵金襴手花卉文大瓶
色絵金襴手花卉文大瓶

十二代沈寿官作

色絵金襴手花鳥文大瓶
色絵金襴手花鳥文大瓶

九代帯山与兵衛作

ページトップへ