三彩寿字文瓶 さんさいじゅじもんへい

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

偕楽園
江戸時代・19世紀
高38.9 口径15.0 底径 10.7
1口

偕楽園とは十代紀州藩主徳川治宝が別邸西浜御殿で文政2年(1819)に開いた御庭焼で、作品には「偕楽園製」の印が捺される。楽家十代旦入、永楽保全、仁阿弥道八らが参加しており、中国法花の技法をもとにした三彩陶は代表的な作品のひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

三彩寿字文瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二彩硯屏
二彩硯屏

偕楽園

染付松霊芝文高杯
染付松霊芝文高杯

偕楽園 仁阿弥道八作 野呂介石画

偕楽園焼 白釉洲浜香合
赤楽茶碗
赤楽茶碗

楽旦入

偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生
ページトップへ