片鎌槍 かたかまやり

室町時代・16世紀
1本
銘文:朱銘 加藤清正息女 瑤林院様御入輿之節御持込

 十文字槍の片側の枝を短くしたような形で、片鎌槍と呼ばれる。加藤清正の所用で、息女瑤林院(ようりんいん)が紀州徳川頼宣(よりのぶ)に輿入れをした際に持参した。朝鮮の役で虎退治をした時、片側の枝を折られたのを研磨してこの形になったと伝わるが、実際は当初からこの形である。(2005/03/15_h05)(130416_h056)(140325_h056)

作品所在地の地図

関連リンク

片鎌槍チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大身槍
大身槍

関兼重

加藤清正書状
加藤清正書状

加藤清正

打掛 紅綸子地流水菊葵梅模様
引札類 加藤清正の虎退治
錆色塗紺糸威仏二枚胴具足
ページトップへ