蟠螭文鼎 ばんちもんてい

出土地:伝中国安徽省六安市寿県出土
戦国時代・前3世紀
青銅
高53.4
1合

 鼎はおもに肉料理を供えるための容器。蟠螭文とは龍などが絡み合う文様ですが、この本作の蟠螭文はかなり簡略化されています。1930年代に、戦国時代の楚国の最後の首都の近くで発見された青銅器の一つ。かなり大型の鼎で、楚の王墓の出土品と考えられます。(160830_t051)

作品所在地の地図

関連リンク

蟠螭文鼎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蟠螭文鼎
蟠螭文鼎
蟠螭文鼎
蟠螭文鼎
蟠螭文鼎
ページトップへ